2011年07月16日

無料心理テスト&診断はこちら

■受付時間
月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)
土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)

第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。
→9時半~19時(治療は20時半まで)

■休診日
日曜日と祭日
第3月曜日
(浜松出張のため)

 

>>うつ思ったら体温を上げる!


こんにちは、成城の鍼灸院
カウンセリングを担当している
高牟禮(たかむれ)です。

まずは前回の補足から始めます。


パニックがピークに達している時は、
何をやっても焼け石に水と感じてしまいがちです。

実際、パニックのピークの状態で、
呼吸をコントロールするのはハードルが高いです。

大切なのは、パニックのピークに達する前の
兆候に気づけるようになることです。

そして、まずはゆっくりと深呼吸をして
息を多く吐き出すことです。


例えば軽い息苦しさ。

かすかな痺れ。


なるべく早く兆候に気づき、
その段階で対処法を行うことです。

大火事より、ちょろ火の消火の方が
簡単だということはお分かりだと思います。


ただ兆候もつかめず、なすすべがないとお感じの場合は、
医療機関で適切な薬の処方を受けることをお勧めします。


というわけで今日の本題。

パニックの症状のひとつに、
激しい動悸があります。


あまりにも激しいので、心臓発作による
死の恐怖に圧倒されてしまうことがあります。

命の危険を感じ、救急車を
呼んでしまうこともあります。


パニックの場合、病院で検査しても
心臓の異常は見つかりません。

しかし病院から戻ってきても納得できず、
不安な状態が続いてしまいがちです。


そんな時、激しい動悸が心臓発作か
どうか見分ける方法を知っていれば、少しは安心です。


動悸が起きてきたら、自分の意志で
手を上に上げられるか確認してみましょう。

もし楽々と手が上がったら、パニックの可能性が高いです。


心臓発作時に手を上げるのは、非常に困難です。
そんな余裕は、まずありません。


動悸があってもパニックの可能性が
高いとわかったら、必要以上に不安にならずに済みます。

不安が少なくなるのに伴い、
動悸が静まる時間が短くなっていくでしょう。


最後までお読みいただきありがとうございます。


成城の鍼灸院でカウンセリングを担当している
高牟禮(たかむれ)のセッションを検討しておられる方


電話かスカイプによる無料相談(30分)で
相性の善し悪し、力量をご判断いただくこともできます。

さらに、鍼灸・整体療法の草野院長のお考えも聞く事ができます。

>>お問い合わせはこちらから
ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。
低体温を解消することががあなたをうつやパニックから
心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。

成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院


>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調
無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 03:00│コメント(0)トラックバック(0)■うつ・パニックに対するアプローチ │

2011年07月15日



無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



こんにちは、成城の鍼灸院でセルフケアアドバイスを
しているカウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。



パニックに取り組む際、クライエントさん自身が、パニックの生理的なメカニズムを理解することは助けになります。

それだけでは解決にならないですが、理解することで、


「自分は異常ではない」

「単に悪循環に陥っているだけ」


ということがわかり、少し安心できます。

この小さな安心が、パニックを緩和していく第一歩なのです。


パニックになると、


過呼吸になる

息苦しくなる

動悸が激しくなる

身体が痺れる

めまいがする

汗をかく

顔が赤くなる

身体が硬直する


等の自覚症状が出てきます。


クライエントさんには、まず息苦しさのメカニズムについて説明しています。

息苦しくなるのは、過呼吸になって血液中の酸素濃度が高くなりすぎることが原因です。


血液中の酸素濃度が高くなりすぎると、身体の細胞が酸素の取込をブロックします。

すると不思議なことに、身体の細胞は逆に酸素不足になってしまいます。

その結果、息苦しくなるのです。


人は息苦しくなると、本能的に呼吸が速く深くなります。

それは、さらに血液中の酸素濃度を高めることになり、ますます息苦しくなってしまいます。

悪循環です。


この悪循環を止めるにはどうすればいいでしょうか?


昔は紙袋を使っていたようです。

紙袋を口に当てて、二酸化炭素の多い空気を吸ってもらうためです。

理にかなっていますよね。


でも今は、もっと効果的な方法が見つかっています。

ゆっくり浅い呼吸をするのです。

すると体内に取り込む酸素の量を制限できます。


数分も続ければ、血液中の酸素濃度も落ち着き、息苦しさが減っていきます。


この方法をクライエントさんにお伝えする際、息苦しさが起きるメカニズムも合わせてお伝えすれば、不安が減り、納得しやすくなります。

何回かトライすれば、やがて自信を持って息苦しさを減らすことができるようになります。

この自信が、さらなる安心感をもたらすのです。


次回は、激しい動悸に伴う恐怖について書く予定で


ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 11:00│コメント(0)トラックバック(0)■うつ・パニックに対するアプローチ │

2011年07月14日



無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



こんにちは、成城の鍼灸院
セルフケアアドバイスをしている高牟禮(たかむれ)です。

「パニックになるのが不安で、行けない場所がどんどん増えてしまいました」

パニックで困っておられる方の多くが、
このようにおっしゃいます。


パニックの問題は2つあります。


パニックそのもの、そして
「パニックになるかもしれない」という不安です。

この2つが絡まり合い、
お互いがお互いの原因になっています。


つまり、パニックは、「またパニックになるかもしれない」という不安の原因です。
そして「またパニックになるかもしれない」という不安はパニックの引き金になります。
この悪循環を断ち切ることが、回復への鍵となります。


パニックに対しては、パニック用の
認知行動療法が良く用いられます。

他の症状の併発がなければ、
適切に用いることで、かなりの確率で回復します。


私の場合パニック用の認知行動療法と、
心へのツボ療法(EFT)を組み合わせることで、
より効果を高めています。

次回、どのようなアプローチを行うかご紹介いたします。


最後までお読みいただきありがとうございます。


ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 14:00│コメント(0)トラックバック(0)■うつ・パニックに対するアプローチ │