2011年01月

2011年01月31日

骨盤はなぜバランスを崩し
歪んでしまうのでしょうか?

日常生活を振り返ると・・・・

椅子に座ると脚を組んでしまう!
姿勢が悪い!
片側に重心をかけてしまう!
片側ばかりで荷物を持つ!

上記のような生活習慣から
骨盤があるべき場所からずれてしまいます。

骨盤がバランスを崩すと
ますます姿勢が悪くなり
いろいろな部分に支障をきたします。

バランスが崩れた姿勢でいるあまり
筋肉まで衰え、痛みや不調が出現する
という悪循環になります。

生活習慣の改善が必要です。

歩き方や座り方、荷物の持ち方などの
生活習慣をぜひ見直しましょう。

当院でも骨盤を矯正しても、
生活習慣が改善できずに
またバランスを崩す人も少なくありません。

■骨盤矯正 ピラティス リハビリ部門 担当
粟沢恵子トレーナー



※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。












氏名 ※

姓:
名:

E-Mail ※


お問い合わせ内容 ※








成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 06:43│コメント(0)Lピラティス 整体 │

2011年01月30日

ピラティスというヨガのような
エクササイズが骨盤矯正にも効果的です。



ピラティスというのは、1900年の初め頃に、
ドイツ人看護士のピラティス氏が、

リハビリの手段として産み出した
エクササイズです。

第一次大戦中に負傷した兵士の
ためのエクササイズですでので

無駄な負担を身体にかけずに体幹の筋肉を
強化していくのがピラティスの長所です。

ピラティスには太極拳やヨガなどの
要素も加えられている点も注目すべき点です。

ピラティスは、歪んだ骨盤の
バランス調整に効果があります。

ヨガとピラティスは、目的や
呼吸法などが全く違います。

ヨガは精神面を鍛えるという目的で、
ピラティスは身体の体幹のインナーマッスル
を鍛えます。

ピラティスは胸式呼吸ですが、
ヨガは腹式呼吸を使います。

そのため、体全体の動きや使い方が
全く異なってきます。

ヨガは静止してポーズをとった状態で、
さらに瞑想を取り入れることがありますが、

ピラティスは体幹を意識して
エクササイズを続けます。

ピラティスによって得られる
ダイエット効果は、筋肉を鍛えることで
余分な体脂肪が減って、
身体が引き締まり始めます。

筋肉が付いてくることで、基礎代謝が増え、
脂肪の燃焼を促し、体質的に太りにくい体質
にいたします。

血行が良くなることで美肌効果や
若々しい身体でアンチエイジングの目的もあります。

ピラティスで肩こりや腰痛を引き起こす「猫背」や
歪んだ骨盤を矯正しバランスを整えます。

■骨盤矯正リハビリ部門担当
粟沢恵子トレーナー



※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。












氏名 ※

姓:
名:

E-Mail ※


お問い合わせ内容 ※








成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 10:00│コメント(0)Lピラティス 整体 │

2011年01月28日

骨盤の身体の中での役割は?


骨盤はS字型に曲がっている身体の腰椎や
胸椎、そして仙骨などの主に背中側のバランスを
とっています。

骨盤の働きによって上半身の重さを
キープしていると言っても過言ではありません。

座るときには上半身の受け皿となる
土台の役割をします。

歩く動作では起点にもなっております。

大腸・生殖器などを下から支え
保持する役割もありますので

骨盤のバランスが崩れると下半身だけでなく
上半身も働きがリズムを崩してしまいます。

そして、上下の身体のバランスが崩れ、
肩こりや腰痛など様々な痛みや不調の原因
になることも多いです。

骨盤のバランスが崩れるとダイエットしても
下半身の肉が落ちないことも多くあります。

女性の場合ですと、不妊の原因にもなります。

骨盤は身体の中でも肝心要な関節だとも言えます。

■骨盤矯正リハビリ部門担当
粟沢恵子トレーナー



※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。












氏名 ※

姓:
名:

E-Mail ※


お問い合わせ内容 ※








成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 17:45│コメント(0)L骨盤矯正 │

2011年01月27日

【骨盤矯正】腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れ


腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れ
骨盤や骨盤に連動している腰椎が原因に
よって左右どちらかに、

バランスが歪む(ゆがむ)・ズレる・傾くと
生理痛・不妊・肌荒れ・腰痛・便秘・下痢
などにも影響を与える事が多いです。

生理痛(生理不順)・不妊・肌荒れは
仙骨は女性ホルモンの影響も受けやすく、

この仙骨(仙椎)のバランスが崩れていると
女性の生理的な問題が生じやすくなったり、
肌荒れなどの原因のひとつにもなります。

腰痛は骨盤と連動している「腰椎」がバランスを崩し
歪んだり、ズレたり、傾くことが、「腰痛」
のひとつの原因です。

腰椎は5つの「椎骨」から形成されていて
常に腰痛がある状態か

前後屈時に腰痛があるか?
左右に屈曲したときに腰痛があるか?
立ったり座ったりする動作のときに
腰痛があるかによっても

どこの腰椎、胸椎がバランス崩れて
ズレているか推測できます。

便秘・下痢便秘や下痢はいろいろな
原因がありますが

骨盤が左右どちらかにバランスを崩しているか
によっても大腸の機能が低下し、
「便秘・下痢」の症状が慢性的になっていたりもします。

■骨盤矯正リハビリ部門担当
粟沢恵子トレーナー



※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。












氏名 ※

姓:
名:

E-Mail ※


お問い合わせ内容 ※









成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 08:57│コメント(0)L骨盤矯正 │

2011年01月26日

【骨盤矯正】妊娠と産後の骨盤について



女性の骨盤は出産に備えて男性よりも
幅が広くやや低めに位置しています。

骨盤は24時間の間でも開閉し
妊娠中はさらにこの開閉幅が大きくなります。

出産が近づくと徐々に幅が大きくなり、
出産時に最大限開き(緩む)ことになります。

開いた骨盤は通常は閉じていき、
妊娠前の状態に戻ります。

骨盤の開閉がうまく行かない人の場合は産後
骨盤が閉じるまで行かず

骨盤が開いたままの状態となり
「冷え性・肥満・バストダウン・O脚」などの
症状が出ることが多いです。

比較的大きな赤ちゃんを産んだ場合や
高齢出産の場合は、骨盤が元に戻るのに
時間がかかることも多いです。

また産後骨盤が開いたままの場合は、
骨盤を元の状態に戻すことが重要です。

■骨盤矯正リハビリ部門担当
粟沢恵子トレーナー



※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。












氏名 ※

姓:
名:

E-Mail ※


お問い合わせ内容 ※









成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 06:57│コメント(0)L骨盤矯正 │