2011年06月

2011年06月30日



無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



心理臨床の現場にいると、さまざまなクライエントさんとお会いします。

クライエントさんの訴えの中で多いのは、気分の落ち込みです。

気力がわかない…

気分が落ち込んむ…

やる気がない…

こういった訴えのクライエントさんのなかには、精神科、心療内科で抗うつ剤の処方を受けていらっしゃる方も少なくありません。

ところが最近、単に気分が落ちるだけの単極のうつと、気分の波が激しい双極のうつを見分け方ることが難しい、と医師の間で問題になっています。

双極のうつの人は、気分が上がっている時ではなく、落ち込んでいる時に問題を感じて、診察やカウンセリングに来ます。

そして、「気分が上がりません」という訴えに合わせて、気分を上げる抗うつ剤が処方されがちです。

すると、落ち込んでいる時の気分を上げるのは良いのですが、上がっている時の気分もさらに上がってしまいます。

すると、ますます気分の波が激しくなってしまい逆効果なのです。

短い時間で見極めなければならない診察と異なり、時間がしっかりとれるカウンセリングでお話をお聞きしていくと、「双極タイプかもしれない」と感じる方も少なくありません。

双極タイプの可能性があるにもかかわらず、抗うつ剤が出ているクライエントさんには、医師の診察の時に、アップダウンが激しいエピソードについてお話しするようにお願いしています。

クライエントさんにとって薬の合う合わないは、死活問題です。

医療の現場以外でセラピーを行っている場合でも、薬の知識は、クライエントさんの助けになることがあるのです。

参考記事
双極性障害(躁うつ病)と単なるうつ病とでは薬の処方が全く異なる  -NHKスペシャル 「うつ病治療 常識が変わる」への感想(2)- [第3版]

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 17:00│コメント(0)トラックバック(0)■うつ・パニックに対するアプローチ │

2011年06月29日



無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



みなさんは自分の平熱が
何度かご存知でしょうか?

「36度くらい?」

と答える方が多いと思います。

 

しかし全ての人の平熱が36度ではありません。

子供の平熱は高めですし、お年寄りの平熱は低めです。
人によっても平熱は異なります。

平熱が低いのは身体にとって不健康と言えます。
 

体温が1度下がると免疫力が30%低くなるともいわれ、

病気にかかりやすく疲れやすい体質と言えます。

また、新陳代謝も落ちてしまうので、
美容の面でもよくありません。

 

しかし、最近、平熱が低い=低体温の方が増えています。
低体温とは、平熱が35度台の人のことをいいます。

 

自分では気づいていないかもしれませんが、
あなたも低体温の可能性大です。

 

免疫力を上げていくためにも
自分自身の平熱を知っておくことは
とても大切なことです



ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 13:03│コメント(0)トラックバック(0)L低体温 │


無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



平熱が低い“低体温”の人もいれば、平熱が高い方もいますが、
そもそも体温にはどんな働きがあるのでしょうか?

 

健康な日本人の平熱は、平均36.89℃とされています。
約37度です。

意外に高く感じるひともおおいでしょう。

 

私たち人間は“恒温動物”ですので、
1日のうちの体温変化はほぼ1℃以内に
おさまるようにコントロールしています。
 

周りの環境が変わっても、
体温はほとんど変化しないのです。

 

一方、爬虫類や両生類、
魚類は“変温動物”と呼ばれ、

周囲の温度変化に合わせて
体温が大きく変動します。

 

恒温動物は食事などから摂取した
栄養をエネルギーに変えて運動しています。

運動に使われていない
エネルギーは“熱”になります。
 

この“熱”が、体温の維持にとって
非常に重要です。

 

寒い時、身体がブルブル震えるのは、
筋肉を動かして熱を作ります。

体温を上げようとしている運動なのです。
 

また一方暑い時に汗をかくのは、
余分な熱を外に逃がして体温を下げるためです。

 

これらの温度調節は、脳の一部で
ある“視床下部”が司令塔です。

体温を常に一定に保つようにコントロールされています。

 

平熱の低い“低体温”の方は、この体温コントロール
する自律神経に問題が生じています。

体温は侮れません。

 



ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 13:03│コメント(0)トラックバック(0)L低体温 │

2011年06月28日



無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



■抗うつ薬のメカニズム

人間の脳は
、180億個の神経細胞がシナプス(軸策)に
よって 網目状に絡み合って、構成されています。

そのシナプスを通じて情報を伝えていくのが神経伝達物質です。

神経伝達物質は、シナプスとシナプスとを繋ぐジョイント部分にある
隙間に向かって放出されるのです。

それを相手側のシナプス上の受容体がキャッチして
情報は神経細胞から神経細胞へと伝達されていきます。

相手側の受容体が受け取るのは 放出された
神経伝達物質の約20%。 残りの80%は
元のシナプスに再び取り込まれます。

うつ病は、このバランスが乱れ、相手側の神経細胞に伝達される
セロトニンなどの量が減少することによって発症すると考えられています。

神経伝達物質の中でも、ノルアドレナリンとセロトニンが
感情・睡眠・覚醒のリズム・視床下部のホルモン調節機能に関与しています。

抗うつ薬には、そのノルアドレナリンやセロトニンがシナプスの
末端から放出されたあと 再び取り込もうとするシナプス側の機能を
抑制することで シナプスの隙間のノルアドレナリンとセロトニン濃度を
上昇させる作用があります。

一定期間、抗うつ薬の服用を続けると ノルアドレナリン・セロトニンを
受け取る受容体の感受性も高まり 神経伝達物質の機能が正常化することもわかっています。

>>休診日と予約受付時間について

■受付時間 月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)
土曜日9時半~15時(治療は16時まで)

第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。 →9時半~19時(治療は20時半まで)
■休診日 日曜日と祭日 第3月曜日(浜松出張のため)

 >>ホルミシス ラドン 温泉施設のある鍼灸院

ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 19:00│コメント(0)トラックバック(0)


無料心理テスト&診断はこちら



■受付時間

月曜日から金曜日→9時半~19時(治療は20時半まで)

土曜日9時半~15時(治療は16時半まで)


第2日曜日はデトックス整体の日で受付しております。

→9時半~19時(治療は20時半まで)



■休診日

日曜日と祭日

第3月曜日
(浜松出張のため)



 



>>うつ思ったら体温を上げる!



こんにちは、成城の鍼灸でもカウンセリング担当する高牟禮(たかむれ)です。
わかりやすさ、親しみやすさを大事にしたカウンセリングをしています。


今回は、精神科領域の症状にEFTを用いるポイントについて書いてみます。

まずは下の図をご覧下さい。



$うつ、パニック障害、あがり症を無理なく回復させるツボ療法


ほとんどのクライエントさんは図1の状態でいらっしゃいます。
心がマイナス感情でいっぱいです。

人は自分の感情を通して外界を見るので、
外界の全てがマイナスに見えてしまいます。


そんな時は、マイナス感情に焦点を当ててタッピングすることで減らしていきます。
すると、外界の見え方が極端なマイナスではなくなってきます。


次に、プラスの言葉でタッピングしていくと、
感情がプラスになってきます。

外界の見え方もプラスになってきます。
これが図2の状態です。


多くの場合このアプローチで充分ですが、
精神科領域の症状の場合、感情がプラスになりすぎてしまうことがあります。

しかも長続きしません。


すぐにマイナス感情に落ち込んでしまいます。
感情のアップダウンが激しくなり不安定になってしまいがちです。


そんな時は、マイナス感情を減らしたり、プラスに変えるのではなく、
感情を客観的に眺められるようなタッピングを行います。

すると自分の心(感情)と外界の両方を
眺め区別できるようになります。

この状態は、感情のアップダウンも少なく、
安定しています。

これが図3の状態です。


精神科領域の症状では、マイナス感情をプラスに変えることよりも、
安定させることが重要なのです。

この辺については、援助職向け、EFT勉強会(第2回:パニックへのアプローチ)
で詳しい説明や実習を行う予定です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


もし、ひとりでは難しく感じるテーマがあり、相談なさりたい方はこちらへどうぞ。


「感情をコントロールし、心穏やかに暮らす7つのコツ」を知りたい方はこちら


ホルミシス ラドン温泉施設のある鍼灸院です。

低体温を解消することががあなたをうつやパニックから

心身を解放し岩盤浴で笑顔を取り戻します。



成城スパ ホルミシスラドン温泉施設のある鍼灸院





>>たった30秒でできる!感情が原因の痛み・不調

無料心理テスト&診断はこちら


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 19:00│コメント(0)トラックバック(0)■うつ・パニックに対するアプローチ │