L花粉症

2011年02月22日

【花粉症Q&A】日常でできる簡単な花粉対策は?

■まずはマスク!

簡単でもっとも効果があるのは マスクを着用することです。

口と鼻をカバーし花粉が入り込むの を防ぐ花粉用マスクでなくとも、
普通のマスクでもOK マスクの下に軽く湿らせた綿や布を1枚いれるだけで効果は倍増します。

花粉症で悩む前にまずはマスクをしましょう!
目が痒くなる方は花粉用メガネをしましょう!

■花粉を室内に持ち込まない!

外出すると服には花粉がたくさん付着します。
そしてそのまま家の中に入るのを避けましょう。
玄関先で全身を払うだけでも花粉は落とせますよ。

■掃除機のあとに濡れた雑巾を使いましょう

普段、掃除には掃除機を使いますが
花粉のシーズンはさらなるケアが大切です。

掃除機の排気で床の花粉が空気中に 吹き上がりますので
湿らせた雑巾できちんと花粉を拭き取り花粉対策しましょう。

 ■洗濯物や布団は外に干さない!

せっかくの小春日和なので、外に干したいところですが
布団や洗濯物に花粉が大量に付着することも考えられます。

外に干す場合は風の弱い日を選び
洗濯物を取り入れる際には花粉を払い落とし
布団に付いた花粉は掃除機で吸い取りましょう。
 布団乾燥機を使う事をお薦めいたします。


 ※当院の治療内容の お問い合わせは下記のフォームに入力して 送信願います。

24時間以内に返信いたします。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 09:00│コメント(0)

2011年02月21日

【花粉症Q&A】花粉症は完全に治せるの?

花粉症は完全に治せるの?という質問を
最近よく受けます。

現在のところ、完全には治る
ときも ありますが、

どちらかというといかに
軽減できるかという感じ
ではないかと 思います。

 当院でお力になれる花粉症の方の

共通点は・・・・・
・低体温
・花粉症になってからまだ間もない方
・薬を長期服用していない方

という方が鍼灸や整体、そしてラドン温泉 で効果を発揮しやすい方です。

そして、最近の西洋医学では 減感作療法(げんかんさりょうほう)という 治療法は完治に近いところまではいけるそうです。

この減感作療法は、花粉から抽出した エキスを注射して身体を慣らしていく療法です。

 花粉から抽出したエキスを1ヶ月に1~2本の 頻度で数年間注射し続けると体内にIgG抗体という 抗体ができ 免疫抗体反応が阻止されるので アレルギー反応を起こすことは なくなるという療法ですね。

ですが減感作療法も短期間ではなく 長いスパンで治療はすると考えて おいたほうが良いそうです。

 ※当院の治療内容の お問い合わせは下記のフォームに入力して 送信願います。
24時間以内に返信いたします。
氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 09:00│コメント(0)

2011年02月20日

【花粉症Q&A】花粉症になりやすい人はどんなひと?

花粉症になる場合は 遺伝である程度決定されています。
家族に花粉症の人がいる場合は 注意が必要です。

花粉症は「アレルギー体質、つまりアレルギーの素因」
を持った人が花粉症になります。

花粉症などのアレルギー体質を要約すると
免疫能力がしっかりとしており花粉症の場合は目や鼻が過敏です。

他のアレルギーではアレルギーが出た臓器とかです。

花粉症は、遺伝だけでなく 環境も大きく関係し
花粉症の原因植物に長年かかわっていたり

花粉が蔓延された空気に接する機会が多い場合は
かなりの確率で花粉症になりやすい状態です。

元々 花粉症の可能性がある遺伝的な場合もあります。
その場合は住む所も重要です。

もともとあまりスギやヒノキが少ないところに住む事も
充分に考えないとなりませんね。

花粉症はある日突然発症しますので
自覚症状がまったくない人も花粉症を発症しないための
日常生活と自己管理をしっかりとしましょう。


※当院の治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

24時間以内に返信いたします。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 09:00│コメント(0)

2011年02月19日

【花粉症Q&A】花粉症が発症するには?

1.花粉が目や鼻に入ってきます。

2.リンパ球が花粉を異物と認識します。

3.リンパ球はIgE抗体を作り出します。

4.IgE抗体が肥満細胞と合体し蓄積します。

5.さらに花粉が体内に入ってくると、肥満細胞と合体したIgEと花粉が合体。

6.すると肥満細胞は化学伝達物質(ヒスタミンやロイコトリエン)を放出。

7.放出されたヒスタミンやロイコトリエンが血管や神経に影響を及ぼし
 くしゃみ・鼻水・鼻詰まりを引き起こします。

ヒスタミン・・・くしゃみ・鼻水 ロイコトリエン・・・鼻詰まり などの症状を引き起こします。

■当院での鍼灸やラドン温泉での効果事例
花粉症が発症してすぐの時期の状態から
治療をすると軽減することが多いです。

そして さらに体温が低い場合36℃あるかないかくらいの状態の方。

低体温もある花粉症の場合はラドン温泉温浴療法と併用するとさらに軽減します。
花粉症で肩こりや腰痛がある方は花粉症に効果あるツボを刺激すると 軽減します。

ぜひ、花粉症でお悩みの方一度ご連絡 ください。

 ※当院の治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

 
24時間以内に返信いたします。
氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 09:00│コメント(0)

2011年02月18日

【花粉症Q&A】花粉症はなぜ鼻と目とのどに?

花粉症になると目と鼻に症状が
集中するのはなぜでしょうか?

花粉は湿り気のあるところに付着しやすく 浸透していきます。

目と鼻の粘膜には花粉が飛散して人体に侵入して
溶けるのに充分な湿度があります。

目と鼻は外気と触れる入り口で 花粉の入り口にもなっています。

外気に直で触れる粘膜器官である
目、鼻、そして喉に花粉症の症状が集中するのは
ある程度予想がつき仕方ない事でもあります。

当院では花粉症に悩んでいる患者さんには
鼻うがいを推奨しております。


 ※当院の治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。
24時間以内に返信いたします。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※


成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 09:00│コメント(0)