L大臀筋

2011年04月30日

「大臀筋(だいでんきん)」

中臀筋・小臀筋
※図は解剖学講義から引用
解剖学講義
クチコミを見る


大臀筋は、お尻の左右の膨らみ部分の筋肉です。

この部分にある筋肉を臀筋郡といい
大臀筋、中臀筋、小臀筋の3つのことを指します。

大臀筋が一番外側にあり、中臀筋、小臀筋の順番に
体の中心に向かってついているのです。

そのため、大臀筋は一番大きく表面にある筋肉になるので
確認しやすい筋肉になります。

そして、骨盤の中の腸骨(足の付け根辺り)、仙骨(骨盤の中心の骨)
尾骨(背骨の一番下の骨)から始まり、腸脛靭帯(骨盤からすねの骨まである靭帯)
臀筋粗面(太ももの後の骨面)で停止しています。

働きとしては、股関節を伸ばす伸展動作と体の外側回転の外旋動作です。

特に、しゃがんだ状態からのジャンプなどをする時や
脚を後ろから蹴りだす動作の時に強く働きます。

また、中腰の状態での姿勢保持にも働きます。

そして、お尻が下に垂れ下がることを防ぐ
ヒップアップ体操(四つんばいになって足を持ち上げる体操)には
大臀筋を緊張させて行なっています。

足を持ち上げる時は、股関節を伸展させることで
大臀筋が緊張してヒップアップ効果になるのです。


※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。


24時間以内に返信いたします。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※



成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 12:08│コメント(0)