L橈側手根屈筋

2011年05月09日

「橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)」

橈側手根屈筋
※図は解剖学講義から引用
解剖学講義
クチコミを見る



橈側手根屈筋は、上腕部分の肘から下の前面の筋肉で
前腕の真ん中辺りにあります。

手のひらを上に向けた状態で、手をグーに握り
内側に曲げた時の前腕内側の盛り上がる部分がこの筋肉になります。

上腕骨内側上顆(肘関節の内側の突起)から始まり
第2、第3中手骨底(人差し指と中指の手首側の先端)の手のひら面で停止しています。

働きとしては、手関節を曲げる屈曲運動と
前腕を体側へ向ける回内運動です。

手関節についている屈曲筋(関節を曲げる筋肉)
の中では一番強い筋肉になります。

特に、ゴルフのスイング時やテニスのラケットを振る時など
前腕を体側に向ける動作の時に力を発揮します。

この筋肉をひねりすぎると
上腕骨内側上顆炎(手のひらを上に向けたときに小指側の肘が痛む炎症)や
肘関節の異常を引き起こすことになります。

ゴルフやテニスをする人は、手首のひねりすぎには気をつけてください。

※当院の骨盤矯正などの治療内容の
お問い合わせは下記のフォームに入力して
送信願います。

 
24時間以内に返信いたします。

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
お問い合わせ内容 ※




成城 整体 鍼灸 院長@草野masami0704 at 12:13│コメント(0)